芦屋ロータリークラブ
目的
職業奉仕(会員の職業倫理を高めること)と、そこから広がる社会奉仕と国際親善を目的とする。 基本的には「"I serve"私は奉仕する」、クラブとは「奉仕をするクラブ会員であるロータリアン個人の集まり」であり、国際ロータリーはそのクラブの連合体とされているが、個人のみならずクラブ単位や国際ロータリーとしての奉仕プログラムも盛んに行なわれている。
日本のクラブ
1920年、日本初のロータリークラブが、当時三井銀行の重役であった米山梅吉等により東京都に作られた。世界で855番目の認証クラブであった。(ちなみに日本国の855番目のクラブは宮城県亘理町の亘理ロータリークラブである。)第二次世界大戦による中断があったが、以後増加の一途をたどり、現在では世界第二のロータリー国となっている。現在クラブ数2,329、会員数101,670人(2006年5月末)。日本は、現在34地区に分かれており、そのうちの1地区にはミクロネシア、グアム、北マリアナ諸島、パラオという海外の地域もふくまれている。
行動基準
会員の行動基準として「四つのテスト」がある。

四つのテスト "The Four-Way Test"
  言行はこれにてらしてから "Of the things we think, say or do"

1. 真実かどうか "Is it the TRUTH ?"
2. みんなに公平か "Is it FAIR to all concerned ?"
3. 好意と友情を深めるか "Will it build GOODWILL and BETTER FRIENDSHIPS ?"
4. みんなのためになるかどうか "Will it be BENEFICIAL to all concerned ?"

芦屋ロータリークラブ事務局
〒659-0092 芦屋市大原町10-1 ホテル竹園芦屋2階 202号 TEL:0797-31-0729 / FAX:0797-31-1316 / e-mail:info@ashiya-rotary.jp